忘れないで!熨斗をつけて贈る

内祝いの種類で水引が異なる

熨斗には水引と呼ばれる紅白のリボンが書かれていますが、結び方にはいくつかの種類があります。そのため、内祝いの種類によって水引を選ぶ必要があります。出産祝いなど、何度繰り返しても嬉しいお祝い事であれば、蝶結びの水引が書かれた熨斗を選びます。蝶結びはほどけても結び直すことが可能なので、喜ばしいことが何度も続きますようにと言う意味が込められています。また、結婚の内祝いでは一生固く結ばれるようにとの意味を込めた、結び切りの水引の書かれた熨斗を使います。間違った水引の熨斗を付けて内祝いを贈るのは、失礼に当たります。どの水切りを選べばよいかわからない場合は、お店の人に尋ねて適切なものを教えてもらうのが良いでしょう。

のし上・のし下にも気を付ける

のし上やのし下も、内祝いの種類によって異なります。出産祝いの場合はのし上に「内祝」と書くのが一般的ですが、身内に渡す内祝いなら「御祝」と書いても構いません。のし下には赤ちゃんの名前だけを書き、苗字は書きません。赤ちゃんの名前が漢字の場合は、フリガナを打つことも忘れないようにしましょう。職場など赤ちゃんの名前で贈ることに抵抗を感じる場合は、苗字のみを書くこともできます。また、内祝いの品に熨斗をつけた上から包装し、内のしにして贈るのがマナーとなります。結婚の内祝いにおいては、のし上に「寿」もしくは「内祝」と書き、のし下に新郎新婦の名前を連名で書きます。結婚の内祝いも、出産の内祝いと同様に内のしにして贈るのがマナーです。