相場を確認!高すぎても安すぎてもNG

お返しは3分の1~半額程度が目安

結婚内祝いは、結婚祝をいただいた方へのお返しとして贈るものですが、その金額には相場があります。一般的には、いただいた結婚祝いの3分の1~半額程度が目安になります。3分の1~半額という幅があるのは、結婚祝いの金額や、相手との関係によって、お返しする金額の割合を変えたほうがよいとされているからです。また、結婚内祝いの金額は、高すぎても安すぎても相手に失礼になってしまう場合があります。例えば高額な結婚祝いは、生活を支援する意味が含まれていることも多いため、高い金額のお返しをすると相手の気持ちを損ねることがあります。また逆に、お返しがの金額が安すぎると、感謝の気持ちが薄いと思われてしまうかもしれません。

結婚内祝いの実際の相場

結婚内祝いは、基本的には結婚祝いの半額である「半返し」がマナーなのですが、高額な結婚祝いをいただいた場合や目上の方からいただいた場合は3分の1程度にすることも重要なマナーです。実際の金額に関しては、結婚祝いが5万円以上という高額だった場合は、相手との関係に関わらず3分の1程度(またはそれ以下の無理のない金額でもOK)にするのが目安になります。そして結婚祝いが1万~3万円だった場合は、目上の方なら3分の1程度で、友人や同僚なら半額程度にするとよいでしょう。さらに結婚祝いが1万円未満の場合も、相手に合わせて3分の1~半額程度にするのが基本ですが、元の金額が少ないので同額のお返しでもよいとされています。