仲の良い人なら?相手の好みを尊重する

内祝いは相手に喜ばれるものを贈ることが基本!

結婚や出産などの内祝いは、感謝の気持ちをこめてお祝いをくださった方にお返しをするギフトのことです。内祝いの基本の選び方は、相手に喜ばれるものを贈ることなので職場の上司や同僚、あまり交流のない親族など相手の好みをあまり知らない方に内祝いを贈る場合は、お菓子やタオルなどいくらあっても困らないいわゆる消えものがおすすめです。もらった相手も気軽に消費できるので、喜ばれる傾向があります。ただし、個包装のお菓子を選ぶ場合には、4は「死」、9は「苦」などの縁起の悪い数字を避けるようにしましょう。また、カタログギフトを贈るのもおすすめです。きちんと選ばないと失礼に当たると思っている人もいるかもしれませんが、自分の好みのものを選ぶので実は喜ばれるギフトのひとつです。

仲の良い方への内祝いは相手の趣味や好みに合わせよう!

親しい両親や祖父母、友人など普段から中の良い相手に内祝いを送る場合は、相手の趣味や好みに合わせたギフトを選びましょう。いくらおしゃれでセンスのよいものを選んでも、相手の好みとあわなければ使用して貰えません。せっかく内祝いを贈るのですから、相手の好みを考慮して使ってもらえるものを選ぶようにしましょう。例えば、料理が趣味の方には少し変わった調味料セットを送ったり、お酒好きな方には珍しいお酒などを贈るのも良いですね。また、相手が好きなブランドなどが分かる場合は、アクセサリーやインテリアなどの小物を贈るのもおすすめです。長く使って貰えるように、できるだけベーシックなデザインのものを意識して選ぶと良いでしょう。