内祝いを選ぶときのポイント

誰に対しても贈りやすい!迷ったら消え物をチョイス

内祝いとして、食べると無くなる、消え物を選ぶこともあるでしょうが、注意したいことは、いただいた人がいつ食べるのかわからないことです。食品の中には飲み物や調味料も含まれますが、フルーツやお菓子を選ぶ…

仲の良い人なら?相手の好みを尊重する

結婚や出産などの内祝いは、感謝の気持ちをこめてお祝いをくださった方にお返しをするギフトのことです。内祝いの基本の選び方は、相手に喜ばれるものを贈ることなので職場の上司や同僚、あまり交流のない親族な…

相手が自由に選べる!カタログギフトという選択肢も

相手のことも考えてカタログギフト

お返しや、贈り物、お礼など様々なシーンで使われるようになったものにカタログギフトがありますね。以前はその代わりに、食器や花瓶や調理器具などが用いられてきました。嬉しいものもありますが、ハッキリ言って好みでないものや、使い勝手が悪いもの、かさ張るものなどもあることも実態です。 そんな時の救世主がカタログギフトです。カタログギフトなら、年齢や性別、好みなどがわからない場合にも対応できます。また、相手が何を頼んだのかこちらにはわからない、ということも相手に安心感を与えますね。例えば、相手の方の自宅にお邪魔した時にあげたものに対して気を遣っていなくてもこちらには伝わりません。気兼ねなく本当に欲しい物を贈ることが出来ることも大切なことですよね。

カタログギフトの選び方

相手が自由に選べるカタログギフトですが、注意することもあります。例えば、高齢の方に若い人向けのブランドのカタログギフトを贈ってしまっては、ガッカリさせることにもなりかねません。 贈る時にはカタログギフトの中身を確認することも大切です。ここで気を付ける点についていくつか挙げてみます。①相手の方のだいたいの年齢に合わせたものにする②子ども向けの商品があるなど、その人の家族も含めて選べる商品があるものを選ぶ③物以外に温泉やマッサージなどチケットものがよいか考える④金額に見合っているか確かめるなどがあります。 以前と比べて様々なカタログギフトがあります。せっかくの贈り物ですので、相手が喜んでくれるカタログギフトを贈りたいものですね。

内祝いのマナー

縁起の悪い品は避ける!

身内のお祝い事のお裾分けが本来の意味である内祝いですが、現在ではもらったお祝いに対するお返しの意味もあります。いずれにしても感謝の気持ちを込めて贈り物を選びたいものですが、中には縁起が悪い、失礼に…

忘れないで!熨斗をつけて贈る

熨斗には水引と呼ばれる紅白のリボンが書かれていますが、結び方にはいくつかの種類があります。そのため、内祝いの種類によって水引を選ぶ必要があります。出産祝いなど、何度繰り返しても嬉しいお祝い事であれ…

相場を確認!高すぎても安すぎてもNG

結婚内祝いは、結婚祝をいただいた方へのお返しとして贈るものですが、その金額には相場があります。一般的には、いただいた結婚祝いの3分の1~半額程度が目安になります。3分の1~半額という幅があるのは、…